歯医者が怖いという時代はもう終わった!痛みの少ない治療に注目

歯医者を選ぶポイントを伝授!~長く付き合うために~

レントゲン

定期健診を受けよう

歯医者に怖いイメージを持って、なかなか通わない人も多いのですが、歯の定期健診を受けるとメリットがたくさんあります。定期的に見てもらうことで異常を早期発見することが可能ですし、早い段階で治療できれば痛みも費用も少なくてすみます。また、クリーニングしてもらうことでリフレッシュすることもできます。柏や浜松の歯医者は定期健診に力を入れているので、行ってみるといいですね。

レーザー治療が注目を浴びている

歯医者が苦手な人で多いのが、歯を削る機械音が怖いということです。音を聞くだけで怖くなってしまうという人もいますね。池袋や広島の歯医者では、レーザー治療を導入しているところがあります。従来のものと違って、機械音はありませんしレーザーの照射も一瞬なので痛みを感じることも少ないのです。機械音や痛みが苦手な人にはおすすめの治療法です。

皆が歯医者を選んでいるポイントTOP5

no.1

しっかり説明をしてくれる

最も気にしている人が多いポイントは、説明をしてくれるかどうかでした。治療を受けるのに何の説明もない状態では不安ですし、どんな治療を行われているのか知らないままではいまいち信頼しきれません。治療の説明や治療計画についてしっかり説明してくれる歯医者は人気が高いです。

no.2

予算を考慮してくれる

歯科治療は保険適用になるケースとならないケースがあります。特に矯正歯科の場合、適用外になるケースが多いので予算の相談に乗ってくれる歯医者を選ぶ人は多いです。予算に合わせた上で最善の治療を施してくれる歯医者はいい歯医者といえるでしょう。

no.3

患者のことを考えてくれる

歯型を取ったときに材料が口の周りについたり、前歯に印がついたまま帰すような歯医者は心遣いに欠けていると感じる人が多いでしょう。また、ひざ掛けをかけてくれたり、荷物置き場が設置されているなどの小さな気遣いを嬉しく感じ、歯医者選びのポイントにしている人もいます。

no.4

受付の対応

予約や会計の際に顔を合わせる受付の人が態度が悪ければ、その歯医者の印象も悪くなってしまいます。そのため、受付の対応をチェックしている人は意外と多いです。治療に関して質問したなどもある程度は答えられるので、その時の対応も見てみるといいでしょう。

no.5

設備

病院などの施設は清潔感が大切です。スリッパやポスターが古くボロボロな状態なら、細かい部分まで見ていないという印象がありますし、清潔感があるとは感じないでしょう。かといってあまりにも華美な歯医者は治療費が高い可能性もあるので、設備を見ている人が多いようです。

歯を削る治療と削らない治療の違い

削る治療

虫歯が進行していたリ、セルフケアをするのが難しいと診断された場合は、これ以上悪化させないように歯を削る治療が行われる可能性が高いです。また、今後通院しない可能性がある患者の場合も一度の処置で終わるように削ることもあります。

削らない治療

初期の虫歯で今すぐに削る必要はないと判断された場合や、定期的に通っているようなら削らずに治療していくこともあります。また、きちんとセルフケアを行っているのであれば、経過観察しながら虫歯の進行を抑えられるので削る必要がないのです。

矯正治療の流れ

カウンセリング~検査

口の中をチェックし、現状や矯正に関しての治療・注意事項について話されます。また、レントゲン撮影をし歯型なども取って具体的に治療内容を決められるように準備をします。

診断~契約

検査結果をもとに考えられた治療計画についての話し合います。不安な点や気になる点があれば聞いておきましょう。治療計画や費用に関して納得できたら契約となります。

治療開始

治療計画に基づき治療を行っていきます。矯正装置を歯に着ける前に、虫歯の治療や抜歯などを行います。歯医者によっては、それらの治療を別の歯医者で行ってもらうこともあります。

装置の装着

歯に矯正装置をつけ、少しづつ歯を動かしていきます。装置を付けてからは3~4週間に1回くらいのペースで通うことになります。成人の場合は治療期間は2~3年くらいです。

保定期間

矯正が終了した後は、歯や骨格が元に戻ってしまわないように、保定装置をつけます。装着を怠ると、元に戻る可能性あるので要注意です。装着する時間は指示に従って少しづつ短くしていきます。