虫歯で歯医者のお世話になる前に【歯磨きについて知ろう】

歯医者で歯磨き指導を受けよう~自分の磨き残し傾向を知る~

磨き残しが多い部分

  • 歯並びが悪いところ
  • 葉の裏側
  • 詰め物の隙間
  • 奥歯の奥の方
  • 矯正装置の間

虫歯で歯医者のお世話になる前に【歯磨きについて知ろう】

歯医者

歯並びが悪いと虫歯になるリスクが高まる

歯並びが悪いと、隙間や歯が重なった部分が磨ききれずに、歯垢がこびりついたままになるので虫歯になる可能性があるのです。また、取り切れなかった歯垢が原因で口臭の原因になることもあります。

磨きにくいところは小さな歯ブラシを使う

隙間や歯並びが悪く、通常の歯ブラシでは届かない部分にはタフトブラシが便利です。細かい部分を磨くための小さなブラシなので、ピンポイントで隙間を磨くことが可能です。広島の歯医者では、歯磨き指導もしてくれるので一度見れもらうといいですね。

歯ブラシの選び方

市販されている歯ブラシには種類がたくさんあって選ぶときに迷う人もいるでしょう。歯のサイズや歯並びなどによっても使いやすいものは異なるのですが、毛先が平たいカット・毛の硬さは普通くらい・ブラシ部分が小さめの物が磨きやすいのでいいでしょう。